ワイン

BODEGAS MAURODOS SAN ROMAN DO. TORO
ボデガス・マウロドス サン ロマン DO トロ

SAN ROMAN DO. TORO
POINT!
しっかりとしたタンニンを持ちながら渋味の少ない滑らかな高級ワイン
ライト
ミディアムライト
ミディアム
ミディアムフル
フル
価 格
8,000円(税別)
内容量
750ml
品 種
ティンタ デ トロ100%

サン ロマンは深いさくらんぼ色をしており、ほぼ黒に見える。香りは深く、エキゾチックで干しぶどうやミント、ユーカリやナッツの香りがある。口の中に広がり、やわらかくあたたかみを感じ、タンニンとフルーツ香のほどよいバランスが見られる。このことはもう見てとれるが、さらに熟成により顕著になる。

  • ※ヴィンテージ(収穫年)は随時更新する為、お尋ねくださいませ。
  • ※ご購入金額(商品代)25,000円、もしくは12本以上(混載可)で送料無料、それ以下の場合別途800円頂戴致します。
  • ※代金は商品到着後、請求書をお送り致します。

位置

バリャドリッドの西、リベラ デル ドゥエロ を60kmドゥエロ川沿いに下った、素晴しいD.O.であるトロ地区。気候的には大陸性気候で夏暑く、冬は寒い。標高600m~700mに位置し、昼暑く、夜は涼しくワインづくりには理想的な場所である。マウロ・トロのぶどう畑は サン・ロマン・デ・オルニハ、ベドロサ・デル・レイそしてビジャエステルにある。ドゥエロ川北岸に畑はあり、トロ地区全体で言えば北東に位置する。ぶどう畑を19ヘクタール所有。

土壌

基本的には小石の多い砂-粘土質で、貴重な水を蒸発より守る。彼らの所有する畑はD.O.トロの北東部の土壌とは異なり、石灰質を含んでいることが非常に重要だ。これがサン ロマンに独特な複雑さと繊細さを与えている。

樹齢

15年から40年。平均は30年。 ティンタ デ トロはテンプラニーリョのクローンであり、隔離されてきたので、独特の性格を発展させてきた。真っ先に言えることは、テンプラニーリョ種の中では比較的早く熟するということだ。このことは、トロの暑い気候と合まって、高いアルコール度と凝縮度を生む。又、この地区はフィロキセラにおかされてなく、殆どのぶどうの木が接木されていない。

醸造と熟成

ここワイン醸造はボデガス マウロ(ガルシアファミリー)が一切の責任を負って行っています。新しく建設されたワイナリーには、最新の設備、例えばステンレス・タンク、定温維持器、空気式圧縮器等である。アルコール発酵は12日間続き、マセラシオン・コンタクトは7日間続けられる。その後ヴィンテージによって異なるが約18ヶ月間、新樽と古い樽のフレンチオーク樽(若干アメリカンオーク樽も使用)で熟成させる。その時間は樽と果実香の絶妙なバランスを生む。

レアで希少価値の高いワインを多数取り揃えております。お気軽にお問い合わせください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。